iPad Proは紙の電子化

 iPad Pro12.9インチを買った。Apple pencilも買った。

f:id:sorbine3:20170903085224j:plain

 箱がきれい。

 液タブみたいに使えるので、気軽にデジタルイラストを描きたいという動機で買って使ってみたところ、紙代わりとしてとても便利だとおもった。まるでA4用紙のように使える。すごい!


使用用途は主に3つ

・絵を描く

電子書籍を読む

・PDFに書き込む


 メモアプリの鉛筆モードは、ペンの傾きによって、実際の鉛筆のように筆跡の幅が広くなるところが楽しいし便利。筆跡を変える設定をしなくてすむから、描くことに集中できる。


 メモアプリには定規もあって、表示させると本物の定規を使う感覚で直線がひけるのが、実際に紙とペンを使ってる感覚に近くて、とても使いやすい。


 描いたものは、カメラロールに保存して、簡単な画像編集をすることもできるので、落書きがたまたまうまくかけたけど、適当な裏紙に描いてて裏の印刷が透けててがっかり、といったこともないのがいい。


 落書きしたあとは、iPad Proでそのまま着彩するもよし、パソコンで加工するもよし、な感じで、とにかく描き始めのハードルが低いのが一番いい。



 電子書籍は、もともとkindleで買って読んでいたんだけど、大きな紙面でみたいときに使う。テキストでなくて、画像系の本読むときに役立つ。



そして、もっともありがたみを感じたのが、PDFに書き込みができること!

 仕事で文書を作ったとき、パソコン画面だと文章の見直しをするのに、画面が横長なのでページ全体が見づらくてきちんとできなかった。

 紙にプリントして手書きで直すこともあった。

 ノートのアプリを使って、PDFを表示させたところ、ほぼA4用紙のサイズで、縦にして使えるので、パッと1ページに目を通せて、気になるところを自分で見つけやすい。

 しかも、PDFにすると、ワードの改行マークとかなくなって見やすい。

 そして、書き込みは好きな色のペンやマーカーを選べて、紙はさらにPDFに書き出しできる。そもそもページがばらばらになったり、なくなったりしなくて、管理しやすい。

 アナログと、電子化のいいとこどりだなーと思った。


 iPad Proは、まるで無限に使える紙とペンのようだなぁ。

 紙は画用紙、ノート、ルーズリーフみたいな使い方ができて、ペンは、鉛筆、ボールペン、マーカー、画材とどんな筆記具にでもなれる。


 使う状況は、ほぼ自宅で机の上か膝の上。iPadが大きいので膝の上は安定感ある。


 持ち運ぶには少し大きいけど、A4ノート一冊を持ち歩くのとあんまり変わらないかも。

 それでいて、いろんな紙と同じことできて、本読めて、インターネットできるから、とても便利。

でかくて重くて邪魔になってしまうかとおもい、小さいサイズと迷ったけど、大きいほうにしてよかった。

 容量は64Gにしたけど、音楽、動画を保存することはほぼないので問題ない。絵をたくさん描いたとしても、アップロードしたり、バックアップとるので、容量不足が問題となることはないかな。


 趣味も仕事もはかどる〜

勉強について

人間のからだの仕組みとか世の中のものごとにはほとんど理由があり、これを体系的に理解することが勉強なのかな。


学ぶときの知識の記憶の仕方については、そういうものなのか、で終わらせず、好奇心を持って辻褄が合うまで調べて追究する。

そうすれば知識がつながり、論理的に考えればわかるようになるので暗記にならず、間違って覚えることも減る。


本を一冊読んだだけだと情報が欠けることがあり、自分の中で論理的につながらなくなるため、その点を把握しながらほかの本も読んだり調べたりする。


イメージは、ジグソーパズルのピースをきちんとはめる感じ。

いままではピースを集めるだけで、しかも必要なピースかも確認せずひたすら集めており、全体像がつかめなくなってしまっていた。


まず、どんな絵になるのか全体像を把握しておけば、ピースのおおまかな位置や必要性がわかる。


絵を完成させ理解ができたならば、いよいよ実際の問題について状況を把握し、改善策について自分の頭で考える。


問題点は考える前に捉えることであるため、自分の頭で考えることは問題がなにかではなくて、実現できる改善策はなにか、ということになる。

池袋探索〜文房具・画材・本屋巡り〜

〜文房具・画材〜

丸善

世界堂

文房堂

伊東屋


〜本屋〜

三省堂書店

ジュンク堂


池袋に、丸善ができて、カフェでハヤシライス食べたかったので、ついでに文房具、画材、本屋巡りをしてみた。


丸善は1階のカフェスペースが天井高く明るくて緑もあって、居心地良かった。

ハヤシライスは甘みが強い味。

f:id:sorbine3:20170817021957j:plain


万年筆、デザイン文具などの高級文具や、ノート、ボールペンがひととおり揃っていてよかった。ライフのノートとか、コクヨの特殊罫ノートとかも置いてある。


世界堂は、パルコにあって、同じ階には雑貨屋さんがたくさんあるので、ついでに見て回るのたのしそう。スミスあった。

絵の具、筆記具はひととおりある。

紙類は新宿のほうが、種類とかサイズいろいろあったと思う。

駅から近くて、ワンフロアにまとまってるのが便利だった。


文房堂は、レトロな文房具、グッズとか、オリジナル画材があったなぁ。


伊東屋は、丸善と品揃え被る部分はあるけど、伊東屋オリジナルのものがあるのと、キャンパス地のグッズがかわいくて実用的でよかった。(KOLOというブランドのもの)


本屋は、ジュンク堂はものすごく品揃え多い感じ。専門書コーナーのスペースの広さが違う。


三省堂書店は、駅から直結で行けるのと、1階にカフェと和風の雑貨屋さんがあって落ち着く雰囲気。4階にも、鉱物などの展示販売があって、博物館みたいな雰囲気でたのしい。

ふたつの本屋が近くにあるので、本を探しに行くには、池袋便利かも。





意味のある思考をすること

頭の中だけで考えようとするのは、どんどん曖昧になる記憶をもとにするわけだから、不確かなものが出発点となってしまい、きちんとした結論がでるとは思えない。


思わぬ発想が生まれたりもするけど、なぜそのような発想にいたったか説明がつかないから独りよがりで思い込みになりがちかも。


考えるときに、どのようにしたら、順序だてて、記録に残せるか。

どこに記録をのこすのがよいか。

現状は、手あたり次第に手元にあるノートに書いてしまうので、結局あとで参照できず、意味ない。

考える材料探すにも、整理整頓しないので、あとで見るのにうんざりする気がする。

そうなるのが毎回なので、予想してしまい、余計にやりたくなくなるのだが、どこが問題なのか追及して改善しないので、漠然といやな気持になり繰り返すという悪循環である。


ここまで、毎回無駄なことしてつかれるのならば、最初から手間を惜しまず、調べてきちんと記録に残すほうが、あとあと楽だったのかもしれない。


反省するときにも、頭の中だけではなく、記憶が薄れる前に書き起こして、客観的に分析しないと、改善点は見えてこないかもしれない。

一人暮らし一年の感想

一人暮らししてから、一年たった。

なんか、違和感かんじない。らくー


とくに赤字になることはなく、洗濯物もたまることなく。

掃除をもう少しこまめにして、部屋がちらからないようにしたい。

料理は最近してないが、引っ越ししたばかりのときに料理にはまっていろいろ作れたので、その気になればスキルはあるので不安はない。

食事の手段をいろいろ知って、栄養不足にならないことがたいせつだ!

本と掃除機とパソコンは生活する上で大事だな。

机もパソコン専用を買ってから、気が散りにくくなってよかった。ニトリ便利だなぁ。安くて軽いんだけど、ぱっと見チープに見えない感じがよい。

一人暮らししたメリット

一人暮らしして、なにがよかったかと考えると、メリットしかかんじない。

何時になっても家族に気を使わなくておっけー。

朝も自分で起きなければいけないスリル。そのためには、生活を正さないといけない。


全て自分で管理するので、わからないことがない。

テレビも好きな時間にみれる。

ご飯も風呂も、好きな時間。

唐突に外食してもおっけー。

そのためなら、家賃安いくらい。


いろいろな社会のしくみも勉強できたし、物件もひとりできめて、行動できて、ネタにもなって、よかった。

あと、実家の後ろめたさがない。

目的がぶれる?

原文を、確認する

どうやって原文にたどりつくか。引用文献をたどる。

法→○→○と、どんどん詳細になっていくので、大元をたどる。


作られた背景を理解する。


薬事法が作られた背景、薬事法の目的?


そこがスタートライン。