sorbine3’s blog

絵とか写真とか、おもったことを書くブログです。

自分の片付けに対する考え

GWはまとまった時間があったので、部屋の片付けもしてみたりした。


ちょうど、カメラの整理もしていて、やっぱり重くて持ち運べないものは、使わないので売りに行った。かさばるし、カビ生やしちゃったらもったいないので。

xpro2 とXF16mmありがとうございました。


見た目と万能そうな感じで選んだけど、やっぱり重かったし、広角はスナップで使いたいけど、重くてスナップ撮れない。

寄れて撮れるのと、明るいのも気に入ってたけど、マクロレンズが全てを解決してくれました。


あと、雨の時は、どのみち写真撮らないから、防滴じゃなくても大丈夫だった。


お金はかかったけど、使って楽しかったし、それ以上に重いのはダメだということがよくわかったので、超望遠レンズとか、フルサイズカメラへの憧れとかはなくなって、カメラに対する物欲はなくなったのでした。


XF10が、広角なのと、コンデジで持ち運びしやすいので、これをスナップ用にしようとおもった。旅行もこれにする。コンデジの良いところは、友だちの何気ない表情がとても撮りやすいところかな。あと、本体の色がかわいくて、メカメカしくないところも向いてる。

xt20は、散歩して撮りたいものを撮るためのカメラにする。


それから、部屋の片付けをし始めて、カメラ以外のものも整理をしている。

もともと片付け自体はできなくもないんだけど、なんかものすごく判断に頭を使うから、疲れることのひとつではある。嫌いではないけど、元気じゃないとできない。


今、ものの質量として一番あるのは、多分本だな。

基本的に小説や漫画はkindleで買うのでかさばらない。でも、教科書とか勉強したい内容のものだと、行きつ戻りつして読んだり、概要を知るには、紙の本の方が勝手がよい。あとそもそもkindleがない。


前は、先に買った本を読み終わってから次の本を買おうと思ってたときもあったけど、知りたい分野があったら、何冊か買ってみて、読んで概念をつかんで、それからまた深く知れる本を買って読んで、読み返さなくてすむようになった本を売りにいく、というスタイルがいいような気もする。

本を買うと、存在感があって、読むように圧力かけてくるから。本棚からあふれ出してくると、もう読まざるを得ない感じ。

放置して、ホコリかぶるのが耐えられない。ハウスダストアレルギーだからね。



洋服は、自分に似合ってればなんでもいいかなーなんて最近思う。どうしてもこれ!というこだわりはとくにないので、だいたいユニクロで、サイズがちょうどよく、見た目しっくりきてみすぼらしくならないものを選んで買う。古くなったり着なくなった服は、店頭で回収してもらえるので、それもユニクロで買う理由のひとつでもある。

あと、寒かったりしたら買うなぁ。なんとなく不便を感じたら買う感じ。

服に限らず、全体的に不便を感じたら買い物するな。

本を買う理由も、例えばインターネットではきちんとまとまった情報は得られないし、その割に探す労力が大変なので、お金かかっても本を買ったほうが確実に勉強できる。

本屋は、コーナーでまとまってるし、著者も一目瞭然でいいよね。



あと、たくさん持ってるものとしては、画材がたまっている。

一時期、いろんな絵の具を試したくなって、水彩、アクリル、岩絵具とか色鉛筆とか油彩をいろいろ、筆もいろいろ、紙もいろいろ買ってみた。節操がない。


ブルーピリオド(主人公が美大目指してる漫画)を読んで、いろんな画材を試してみるのも、意外な発見とか、使いやすさがわかるかも、と思ったのだった。


なんかもう、自分の趣味レベルで描く頻度なら、あるものでずーっと描けるんじゃないかってくらいある。

画材は、いっときぐちゃぐちゃにしまってたので、引き出しを買って、ラベルして整理してしまってみた。なんだか小さい画材屋がある気分で、ちょっと楽しい。


画材も、もっと試して、自分にしっくりくるものを見つけたいな。まだ、画材と友だちになれてない感じがする。


カメラはお金かかるな、と最初は思ったけど、デジカメだとほぼランニングコストかからないし、撮ってて楽しいし、画像もかさばらないし、だんだんいろいろな撮り方もできて、観察力も養われるしで、自分にとってはいい趣味だなーと思ったりした。

あと、一箱にまとまって、いまのところかさばらない!


デジタル化が進んだおかげで、だんだんものがかさばらなくなって、いい世の中になったなー。

おわり。

自分に合ったカメラ

レンズ交換式カメラを使うようになったのは、去年末。

富士フィルムコンデジを買って、楽しかったのと、色合いも好きで、レンズ交換式も気になってしまい、ついに手を出してしまった。

今までは、カメラの管理に自信がないのと、値段が高くて、避けていた…。


でも、使ってみたら、いろんなレンズを使えると、撮れる写真の幅が広がってとても楽しいことがわかった!!

あと、センサーがよいと、解像度だけじゃなくて、明るいのも暗いのも、つぶれないでしっかり撮れるからか、立体感のある写真が撮れることがわかった。


そして、カメラとレンズは、不要になってもゴミじゃなくて売れるから笑(本も同じ理由で、必要ならばためらいなく買うほう)

ものは試しと、短期間だけどいろいろ買って使ってみました。


そんな感想の話です。


f:id:sorbine3:20190430163709j:plain

マクロレンズで撮ったツツジ。白いツツジはきれいだなぁ。


最初に買ったのは、xpro2と16mm

f:id:sorbine3:20190430164037j:plain

カメラは見た目で選んだ気がする。

あと、シャッターを押す感触がよかった。


レンズは、風景とか空が広く撮れて、近接撮影もできるものという条件で、16mmにした。


結果、重かった!!

シャッター押した感触の良さと、見た目でごまかしてたけど、これ持って散歩するには、自分の体力のほうがもたなかった…。非力。

あと、レンズも大きいほうだし、合計で1kgくらいする。


レンズが大きいから、ファインダーを素通しでのぞくとレンズが視界の邪魔だし、一眼レフではないので、撮影範囲もずれるしで、このハイブリットなんとかファインダーの恩恵も受けられなかったのだった。


なんかもったいない気もしながら、しかし写真を撮る気が起きないのも困りものなので、軽いカメラを見に、お店に行ってみた。


最初はやっぱり見た目と軽さでXE3にしよーかと思ってたら、店員さんが、いろいろ何撮るのかとか、それぞれの機種の長所短所を教えてくれた上に(メーカーの人じゃないけど、フジユーザーの人だった)、値段を考慮して、xt20をものすごくオススメしてくれた。


決め手は、チルト液晶めっちゃ便利で、川も撮れますよ!だった。

ローアングルで川撮れるの便利!


f:id:sorbine3:20190430165153j:plain

レンズの影からこんにちは。


色はシルバーのツートンと迷ったけど、黒のかっこよさも捨てがたい、と悩んでたら、店員さんが、シルバーのほうが人気だけど、お客さんならどっちでも好きそうですよ、というのと、黒のメリットは、暗くてもダイヤルの数字が目立って見やすいとのことだったので、それは便利ーと思い、黒にした。


レンズは18-55mmのズームをセットで買ってみた。標準レンズがないなら、一本持っておくと便利だし、値段も得ですよ、とオススメされて。

便利が好きだな笑


f:id:sorbine3:20190430170006j:plain

これは広角端。広々ー迫力でる。かっこいい。


f:id:sorbine3:20190430170142j:plain

こっちは望遠端。なるべくまっすぐ撮りたいときには、遠くから望遠で撮るのがいいな。


結果、トータルで軽くなり、動き回っても腕も疲れない!あんまり重さを感じない!

チルト便利!となった。

見上げた写真も取りやすい。

f:id:sorbine3:20190430170504j:plain


あと、色を黒にしたのも、あんまり目立たないのとかっこよくて気に入った。


それから、意外だったのは、ファインダーがとても見やすかったこと。 今までファインダーのないコンデジばかり使ってたので意識してなかったけど、一眼レフみたいに、レンズの延長線上にファインダーがあると、カメラと自分の体がまっすぐに並ぶのと、体の真ん中にカメラがくるので、脇を締めて持ちやすく、覗いた時には、対象がまっすぐ見れて、なんだかとっても撮りやすい。


それから、標準レンズも試したくなって、35mmを買った。

f:id:sorbine3:20190430171218j:plain

このあたり一帯を撮りたいときは広角だけど、これが撮りたい!というときは標準がいいのかなぁーなんて思ったりする。

もっと、しゃがんで撮ればよかったなー。この写真。雰囲気と色は気に入ってるけど。


それから、友だちから、マクロレンズを買うと幸せになれるよと教えてもらい(友だちは持ってない笑)、マクロレンズの60mmを買ってみた。

結果、幸せな気持ちになった笑

f:id:sorbine3:20190430171703j:plain

拡大できるって、目が良くなったみたいで、いろんなものの質感がリアルに見えておもしろいー。

この花(名前わすれた)の花びら一枚一枚も、初めてまじまじと見た。


f:id:sorbine3:20190430171841j:plain

カフェオレの後ろが全部ぼけてるのもなんかいい。


f:id:sorbine3:20190430171927j:plain

中望遠でもあるから、鳩に警戒されないのもとってもいい。


あと、すごく遠いものも撮りたいなーと思い、XC50-230mmも買ってみたけど、まだ箱を開けてない。このレンズはちょっと暗いから、晴れた日の日中じゃないと厳しそう。

GW中に使ってみよう。また新たな発見があるかも。


それから、xt20は軽いだけでなく、小さいから、ふかふかしたショルダーに入れて、さらにレンズも一本予備を入れて、そのままリュックに入るのも、携帯性がよくて便利。

やっぱり便利が好きみたい。


おわり。


鳩とマクロレンズ

念願のマクロレンズ(XF60mm)を買って、散歩してきた。

いろんなものが、大きく見えて、このレンズも虫めがねチックで楽しい。

あと、中望遠も初めて使う。今まで広角ばかりで撮ってたから狭く感じるかと思ったけど、遠くのものも撮れるし、ぼけるし、好きなものクローズアップできるしで、なかなか楽しかったー。


とてもいい天気だったので、光がきれいだった。

f:id:sorbine3:20190428132143j:plain

木かげの陽だまり。


f:id:sorbine3:20190428132455j:plain

マクロっぽいやつ!植物が浮き立って、道草が楽しくなる。


f:id:sorbine3:20190428132555j:plain

鳩がたむろしてるところに遭遇した。

はとー。ぬくぬくしてる。


f:id:sorbine3:20190428132642j:plain

中望遠くらいあると、鳩に警戒されなくていいね笑

はたからみたら、鳩を熱心に撮るへんな人だったと思う笑


f:id:sorbine3:20190428132805j:plain

鳩が座ってるところ、猫の香箱座りみたいで、かわいい。


f:id:sorbine3:20190428132900j:plain

片足で器用に寝る鳩。後ろに人影ならぬ鳩影が写ってる。


f:id:sorbine3:20190428132956j:plain

この辺りにだけ、やたらワイワイと鳩がいて、すごく楽しかった。

人を撮るのも好きだが、鳩がワイワイしてるところを撮るのも好きだ。リラックス鳩。


f:id:sorbine3:20190428133126j:plain

広角だと遠くなっちゃう、塀の上の植物も撮れるー。楽しい。


f:id:sorbine3:20190428133217j:plain

あと、道草眺めながら歩いてたら、蜂を発見。一生懸命花粉を集めていた。手がゴニョゴニョ動いてた。


f:id:sorbine3:20190428152803j:plain

虫はそんなに好きじゃないんだけど、マクロレンズで撮るならやっぱ虫かなと思い、撮ってみたら、はねがキラキラしてきれいだった!新発見。


f:id:sorbine3:20190428152931j:plain

空き地っぽい空間。人工的な石と草の組み合わせと降り注ぐ光が好きだー。


f:id:sorbine3:20190428153032j:plain

その後、カフェに寄って、カレーとケーキ食べて、バナナジュースとカフェオレのんで帰りました。ぜいたく。(これはスマホで撮った)


完。






旅の思い出を撮る XF10

神戸に行く用事があって、ついでに観光ができたので、ぶらぶらしながら写真をとった。持っていったカメラはXF10。

広角でとれるし、クロップしたら標準の画角でもとれるのが便利だった。

f:id:sorbine3:20190303232021j:plain

空の青さがきれいだった

 

f:id:sorbine3:20190303232638j:plain

駅のそばの庭みたいなところ。ほのぼのしていた。


カメラを持って、みんなの後ろからついて行くと、あれ撮って、これ撮ってと言われて、それが自分とは違う着眼点で、撮るのが新鮮だったりする。

f:id:sorbine3:20190303232322j:plain

センサーが大きくて解像度が高いと、案内板の地図もつぶれなくて助かる

それから、ちょっと離れてその場の雰囲気をとったりして、そこには自分自身は写っていないんだけど、自分が見ていたものが写っていて、あとで見返すと、そのときの気持ちとか雰囲気を思い出す。

f:id:sorbine3:20190303233628j:plain

東京ほどごちゃっとしてない

 

f:id:sorbine3:20190303233736j:plain

マンホールがかわいい。ひとりだったら気がつかなかった。

f:id:sorbine3:20190303233853j:plain

餃子もたべた

f:id:sorbine3:20190303233954j:plain

日没後は中華街の灯りがきれいで、日中とは違う雰囲気だった

f:id:sorbine3:20190303234347j:plain

浮かび上がるまんじゅう。一緒に行った人がかわいいものが好きなので、見かけては撮るように指示がでる。

f:id:sorbine3:20190303234634j:plain

帰りは、たこさんがかわいくて、一匹連れて帰りました。

f:id:sorbine3:20190303234801j:plain

帰りはこの飛行機に乗って帰った。最近ようやく飛行機に乗るのが怖くなくなってきた…。

f:id:sorbine3:20190303234938j:plain

最近は、家に帰るとたこさんが待ってくれている。いつ見てもかわいい。

最近は写真を撮るときに、水平とかまっすぐを意識するようになったので、昔と比べたら見やすい写真を撮れるようになった気がする。見やすいと、それだけ邪魔なものがない感じで違和感がなくなって、見せたいものに注目してもらえる。

 

一緒に行った人に写真をあげたら、楽しそうって感想がもらえてよかった。

そのときのみんなの表情を記録できるのも、写真を撮る醍醐味のひとつかなぁ。

 

それで、持ち歩いてて疲れなくて、よく写るXF10はいいな、と思ったのでした。

近所を散歩してすきま探しとか

どうしたら自分の好みの絵になるのかな、と思いながらカメラを持って出かけると、近所のとくに観光地ってわけではないところでも、いろいろ撮りたくなるものがたくさん見つかって楽しい。


今までは、コンデジを持ってた割に、持ち歩いていなかったなぁ、と思った。


近所をぶらぶらして写真をとってると、たまに通りすがりの人から、何撮ってるの?と話しかけられることがある。


f:id:sorbine3:20190216164212j:plain

写ルンですで撮った)

この間、通勤途中の畑に出没したオブジェが気になって撮ってたら、おなじく、この道をよく通る方から話しかけられて、これは何でしょうね…と会話した。

そしたら、たまたま自分の職場に縁のある方だった。


f:id:sorbine3:20190216164445j:plain

(これはXF35mmf1.4+X-T20で撮った)

その場にあるものについて、一緒に話をするのは楽しいし、知らない人が自分が注目したものに興味を持ってくれるのも嬉しく思う。


f:id:sorbine3:20190216164851j:plain

(XF10で撮った)

自宅のそばのすきまをとってたときも話しかけられた。このときは、猫がいるの?と聞かれた。とくに何もいなくて、すきまをとっていること、この向こう側が明るくてきれいなことを説明したら、すきまの良さに共感してもらえてちょっと嬉しくなった。


自宅のそばには猫がよくいるけど、まだ撮れていない。


このすきまもわりとお気に入り。パイプがよい。

f:id:sorbine3:20190216165308j:plain


べつのすきまの手前に生えていた雑草。

f:id:sorbine3:20190216165350j:plain


あと、すきまをとってて感じたのは、標準レンズだと、いい感じにすきまをとれてよかった。壁とすきまの景色のバランスが好みの感じになる。


f:id:sorbine3:20190216170111j:plain

すきまからのぞく空も好き。



これはすきまじゃないけど、建物の壁に沿ってたくさん植物を生やしていて、緑がきれいだった。コンビニの横の壁だった。

f:id:sorbine3:20190216170012j:plain


絵を描くとき、緑色の表現は難しいから、写真は参考になるかも、とふと思った。

青っぽい緑とか黄色っぽいみどりとか、くすんだ色とかを表現できると、深みが増す。

写真も絵も、同系色の中で幅を持たせてみたい。

立川に散歩に行った話。35mmレンズとともに

この間XF35mmF1.4のレンズを買った。

買ってからようやく散歩に行った。場所は東京都の立川。昔通学途中の駅だったので馴染み深くて思い出が多い場所。


レンズは、今までコンデジを含め広角レンズを使いがちだったので、標準レンズでどんな風にとれるかなーと楽しみにしていた。

あとは、とても明るいレンズなので、ぼかして撮るのも楽しみ。


カメラ本体はX-T20を持っていった。もともとx-pro2を持っていたのだけど、重くて日常的に持ち歩けない気もしたので、サイクリングのときにも持ち歩けるように、新しくカメラ本体も追加で買ってしまったのであった。

使ってるうちに、軽いし使いやすくて、見た目も好みになって、一番持ち歩いている気がする。

f:id:sorbine3:20190211190110j:plain

色は迷ったけど黒にした。

全身黒だと統一感があってカッコいい。


立川は、JRの駅とモノレールの駅がある。

あと、駅ビルもあるし公園も本屋もあって、新宿とかの都心よりも混雑していなくて居心地がよい。

f:id:sorbine3:20190211190350j:plain

モノレールの高架下は、道が真っ直ぐに整備されていて、かっこいい。両脇の建物がホテルや映画館なのでごちゃごちゃしていないのかな。


そして、昭和記念公園に行った。

前回は、ちょうど閉園時間に間に合わなかったのでリベンジ。


f:id:sorbine3:20190211190520j:plain

くもってて寒いけど、この雲の感じもいい。


f:id:sorbine3:20190211190719j:plain

色がきれいな葉っぱがあった。

ベルビアでとると、鮮やかになってきれい。


落ち葉もきれいに見える。

f:id:sorbine3:20190211190825j:plain

落ち葉が渋くてカッコよく見える。


f:id:sorbine3:20190211190907j:plain

もうすっかり散ってしまったけど、ここは銀杏並木になっていて、秋に来ると銀杏がとてもきれいだった。


その手前の低い柵の縄が気になったので撮りまくっていた。そばに人があまりいなくてよかった。

f:id:sorbine3:20190211191007j:plain

縄と木目がくっきり写ってかっこいい。


石も好きなので、地面とか塀を撮ってみた。f:id:sorbine3:20190211191139j:plain

シャドーをプラスした気がする。

石かっこいいなぁ。


f:id:sorbine3:20190211191252j:plain

石造りの塀もかっこよかった。

あと、道の両脇にたくさんプランターが引っかかっていて、ぱっと見は何が植えてあるのかよくわからないけど、よく見ると、苔とか小さな植物がいろいろ生えていた。

かわいかったので、とった。


このレンズはある程度寄れるので、こういうのも撮れるとやっぱり楽しい。

f:id:sorbine3:20190211191430j:plain

松ぼっくりみたいな形の植物。


f:id:sorbine3:20190211191650j:plain

これは苔かなぁ。


f:id:sorbine3:20190211191727j:plain

寄ってみると、賑やかで楽しい。


しかし、寒かったので長居すると手がしもやけになりそうだった。

f:id:sorbine3:20190211191759j:plain

これは植え込みの植物。

とても寒い雰囲気になった気がする。


結局、時間がなくなり有料ゾーンまではたどり着けず。

有料ゾーンの中には盆栽園とか水車とかポピーが生えてる場所もあるので、また行きたいなぁと思った。


そんで、この画角のレンズは、なかなか楽しかった。広角だと広く写りすぎて、自分は雑然とした写真を撮る傾向にあったので、標準レンズはちょうど写したいものがメインにできてすっきりするな、と思った。

写ルンですと一緒に渋いものとかを探す

写ルンですで渋いものをとると、さらに古びた感じに写るので、とても好みな感じになってよい。


自宅の近所を自転車でぶらぶらしていると、けっこうツタがからまってる建物とか、なんか古びている建物とか、空き地とかが意外とたくさんあることがわかった。


そんな感じのものを探して、2台目の写ルンですは撮り終わった。

こんどは、ほとんど自分の手が写ってなかった!!よかった!


この写真は、空の色がとても好みの青緑に写って気に入っている。青緑が好きすぎて、いろんなメーカーの青緑の絵具ばかり買っている。

f:id:sorbine3:20190210123841j:plain

すごく逆光で撮ってしまった。使いきりカメラだと、あんまり光が当たる心配しなくていいのがいい。


f:id:sorbine3:20190210124041j:plain

これは使われていない線路。もともとは、この先も伸びていたのだが、線路は高架になってここは使われなくなり、駅周辺の開発で線路も取り除かれつつある。

なぜか、まだ取り残されている。


f:id:sorbine3:20190210124254j:plain

ものすごくツタがからまっている建物があった。普通の住宅地の中にある。だれか住んでるのかな…それとも物置なのかな。

そばに、柑橘類の木が生えていて、色がきれいだった。



f:id:sorbine3:20190210124533j:plain

これは、空の青がとてもきれいに写ってる気がする。建物もクレーンも直線的でいかにも人工物という感じ。かっこいい。


f:id:sorbine3:20190210124747j:plain

これは、Y字路が好きで撮った。道を進んだらさらにY字路があって撮りたかったけど、ちょうどフィルムがなくなってしまった。

今度からは、予備にもう一台持ち歩こう。


散歩して撮ると、あっという間にフィルムがなくなる。スマホでも取れるけど、フィルムで撮って、自分で写り具合をコントロールできないのも、できあがりが楽しみになってよい。


f:id:sorbine3:20190210125157j:plain

これは、家の近所の空き地。他の空き地も、なんだか石が置かれていて、風情がある。

空き地の有効活用?