勉強について

人間のからだの仕組みとか世の中のものごとにはほとんど理由があり、これを体系的に理解することが勉強なのかな。


学ぶときの知識の記憶の仕方については、そういうものなのか、で終わらせず、好奇心を持って辻褄が合うまで調べて追究する。

そうすれば知識がつながり、論理的に考えればわかるようになるので暗記にならず、間違って覚えることも減る。


本を一冊読んだだけだと情報が欠けることがあり、自分の中で論理的につながらなくなるため、その点を把握しながらほかの本も読んだり調べたりする。


イメージは、ジグソーパズルのピースをきちんとはめる感じ。

いままではピースを集めるだけで、しかも必要なピースかも確認せずひたすら集めており、全体像がつかめなくなってしまっていた。


まず、どんな絵になるのか全体像を把握しておけば、ピースのおおまかな位置や必要性がわかる。


絵を完成させ理解ができたならば、いよいよ実際の問題について状況を把握し、改善策について自分の頭で考える。


問題点は考える前に捉えることであるため、自分の頭で考えることは問題がなにかではなくて、実現できる改善策はなにか、ということになる。