Light and color

好きなゲームとか落書きとか。

小説「舟を編む」の感想

ドラマが始まったのをきっかけに、読みたい本だったことを思い出した。

 

ドラマ1話を読んでから小説を読んだ。

まじめが主人公かと思っていたけど、章が変わるごとにまじめ→西岡→岸辺と主観が変わるので、同じ辞書づくりに対してもそれぞれの人物の捉え方が違って、時間が経つにつれてまじめの影響を受けてみんな熱心になってく過程がおもしろかった。

 

あと、西岡と岸辺のまじめへのつっこみとか(直接だったり内心だったり)。

 

紙へのこだわりの部分は、自分は文房具としての紙は好きでいろいろかき心地にこだわっていたこともあったので、紙の厚みや裏写りの説明についてはすぐわかったが、辞書として最適な紙のぬめり感については初めて知った。それを語るシーンは状況が目に浮かぶようだった。気にしてなかったので手持ちの辞書を触ってみたくなった。

 

→触ってみた。紙の辞書はあんまり手元にない。国語辞書は岩波国語辞書しかないや。あと、英和、英英。

英和は国語辞書出してない出版社、英英は洋書。たしかに国産の辞書は紙の色が黄色みがかっててあたたかみがある。洋書は辞書向けに薄い紙を使用しているが薄いだけという感じ。

岩波が1番触り心地とかめくりやすさがよかった。国語辞書がほかにないから程度はわかんないけど。

 

あとは、「めれん」という単語について、ご存じなければ辞書で調べてみてというやりとりがあり、ためしに自分の手元の辞書を引くものっていない。物書堂の辞書アプリで大辞泉を買ってしまった(大辞泉プラスもくっついてきて、謎の固有名詞の詳しさ。ドラクエの固有名詞も載ってるとのことで引いたらたしかに魔法の名前も載ってるし、各ナンバリングタイトルがどのハードに移植されたかまで書かれてた)。

こんな単語、日常で使わないしふつうに話せばいいのに、と思ったら、その後同じツッコミを登場人物がしていた。

 

最後は、なんだかいい終わりで…と思ったところに、まじめの恋文全文公開がぶち込まれ、西岡と岸辺のツッコミが併記されてるところがよかったですね。

これもらってもどうしたらいいのかわからない気持ちが共有できたのと、結局中略されるほど長いっていうところとか。

 

で、ドラマ1話目のエピソードにあたる部分は原作ではほぼなくて(同じ部分は1行程度ですまされている気がする)、岸辺みどり視点で話を膨らませていくようなのでどんな感じか楽しみになった。

好きなまんが【らんま1/2】

高橋留美子のまんがは、長編で全部読んだのはらんまだけかも。

ほかは一部だったり、あと短編集は少し読んだ。

 

らんまはキャラクターとかネタとか雰囲気とかノリとかが全部好き。主人公が、ときどき人としてどうかと思う言動なところとか、捨て台詞はいて去っていくところとか。

だいぶ後半ででてくるパンスト太郎とかネーミングもひどい(溺れた泉もかわいそうだった)。

正体隠す系ではなかったけど、らんまの男と女が同一人物と気が付かれず話がややこしくなったり、良牙の妹のふりして騙す話とかおもしろかったな。

あと毛生え薬の話も、思い出すとあれは一体…な話だった。

色使いむずかしい

デジタル絵の練習

雲のもくもく感は前回より好きにかけた。とりにんげんは黄色くて背景に埋もれた。

iPhoneのフィルターかけた(ドラマチック(暖かい))

 

かける前↓

青すぎ、黄色と紫が反対色のせいか、なんか統一感がないような気がして。

 

アナログを上達させたいので、デジタルは自分にとっては練習用。デジタルだとフィルターや彩度など色調整簡単にできるけど、アナログでは混色必要になるし。

いや、逆にデジタルは混色できないから、色を一発で選ぶの難しい。そのためにフィルターなど活用すればよいのだろうが。

 

まー結果的に自分が満足する絵が描ければいいか。

レイヤーはめんどくさくて下書きと本番用だけにして、ブラシは丸ブラシ、ウエットアクリル、テンペラでアクリルで描く感覚で塗ってみた。ウエットアクリルは色が濃く出る。

舟を編む ドラマの感想&やっぱり原作読もう

NHKのBSで放送開始された舟を編むのドラマ1話観た。

絵的な雰囲気は好きかも?

主人公の女の子、そこまで嫌な感じはしなかったけど、「なんて」連発なせいなだけでそこまで人から嫌われちゃうかなぁ?と思って(態度の問題もあるんだろうけど)、ドラマ終わりぎわはいい話な気もしたんだけど、ちょっと後味はよくなかった(主人公の女の子の不遇に悲しくなる)。

 

以前に映画化、アニメ化もされてて、原作も読もうと思ってたけど全て見てなかったので、ようやく作品自体には触れられた。

ドラマに出てきた辞書は大辞林だったー(なんて、の語釈)。たぶん。

 

1話目は恋愛要素あり、しかもなんかひも…。せっかくなので原作のKindle試し読み部分読んだら全然違って自分は元の小説の出だしの展開の方が好み。原作買って読むことにした。岩波国語辞典が出てくるところも好き(さすがに紙は持ち運べないから、岩波と大辞林の辞書アプリ版をスマホに入れてる。引き比べると、岩波はあっさり簡潔、大辞林は用例多めな印象で、2冊あると一応頼もしい気がする)。

 

今回のドラマは映像化3回目なようだから、あえて路線を変えたのだろうか?

原作小説のまじめ登場シーンおもしろかった。ドラマの1話目に相当するボリュームが辞書への熱意に溢れてたので、安心して読める。楽しい。

ドラマは、配役とか雰囲気は好きなのでひとまず2話も見ようかなぁ〜。全然関係ないけど、なんとなく、まじめ役の野田さんは「すべてがFになる」の犀川先生の自分のイメージに近い感じがする(ドラマとアニメが違った…)。エールの木枯役もけっこう好きだった。なので、もうちょっと見てみる。

ハーヴェステラ3回目とイースやろう

ハーヴェステラ3周目やってる。

1周目は先が見えないストーリーにハラハラしつつ、終わるころにゲームのシステムに慣れてきた感じ。

2周目は、ストーリーがより理解できて、ブレイクタイムの会話も見れたのでキャラクターへの愛着がさらに湧いた。バトルも慣れてきた。

1.2周目はメモ取ったりわからない単語調べながらやってたので、今度はゲームに没頭してみたい。一応、カレノイドまでディアンサスといたいのと、コロネルがトトカクの営業にくるシーンもみたい。(となると、3章に進む前に春が終わる…。)

 

行き詰まるバトルが基本的になかったのと、レベル上げは意識しなくても問題ないところはゲームとしてやりごたえは減るのかもしれないけど、ストーリーやイベントが好きで3回やるのが苦じゃないからこのくらいの難易度が好み。

ハーヴェステラやってたら、バトルの難易度が高いRPGは苦手なのかもと自覚した。

 

もう慣れ切ってるので余裕持ってやってみたら、ゲーム中の初日って、主人公にとってはイベント盛りだくさんで、記憶なくてがっかり、疲れてげっそり、ってリアクション多くてなんかかわいかった。3回目の見た目も相変わらず小柄な女性っぽいほうを選んだ(声も)。こっちのほうが好きなので。性別は試しにどっちでもないのを選んでみたけど、ハイネのセリフ(レディと呼ばれる)は変わらないんだっけ??

 

ニンテンドーeショップで新作をながめてたら、EGGコンソール?のイースが配信されていて、これは初代のオリジナル版の移植らしい。Switchのフェルガナは難しかった(2Dアクション的なのにダンジョンのジャンプで奥行き考慮しないといけなくて難しかった…。ボスの攻撃避けるのも)。1はどうだろう?

ファルコムの公式サイト見てると、イースはモバイル版リメイク(というか、タイトルだけイースみたいな感じ)などもあるなか、ようやく元祖がSwitchでできる感じなので、せっかくだからやってみようと思い、とりあえず買った。データが1GBもなくてありがたい。パソコンのゲームやるの初めてかも(オズモとかマンホールみたいなのしかやったことない)。

ホルベインアーチストパンカラーの手持ち、感想

固形透明水彩は、最近はホルベインパンカラーメインで使っている。値段がリーズナブルで溶けやすくて、チューブと違ってほとんど単一顔料、全48色だからあんまり悩まなくてすむし。

でも、何色持っててどんな色かわからなくなってたから色見本を作った。またダブってる…と思ったが、そういえば先に単品で買ってから8色セットを買ったのでそのときにナフトールレッドがダブったぽい。

 

写真左上の、黒いケースがもともと8色セットのメタルケース。今はメタルケースのセットは16色セットしか売ってないみたい(世界堂オンラインショップだとメタルケースセットは廃盤表記になってた)。スチール製のハーフパンセットでこのサイズって、海外製も含めてあまり売ってない(昔はウィンザーからも出てた気がする)からコストかかるのかなぁ〜?アルミタイプよりも、ハーフパンをセットするところがしっかりしてて好きなのだが。

 

ホルベインのハーフパンは、裏にマグネットがついてて、その辺の缶にも固定できて便利。100均で買った蓋つきケースに入れて、梅皿に溶いて塗ることが多い。

 

コバルトターコイズは、現物の顔料表記がPB28になっていて、ネットでも写真はそうなのにカタログではPG50となってて、実際どっち??と思ったら、実際はPG50でPB28の表示が間違ってたらしい(ネットの掲示板より。ホルベインHPにはお知らせみつからず)。コバルトブルーペールもPB28なのに全然違う色だなぁと思ってた。

PG50だとホラダムのコバルトターコイズウィンザーのコバルトターコイズライトと同じ顔料で発色も似てるし、ホルベインの固形はけっこう溶けやすくて使いやすいからリーズナブルかもしんない。

 

コバルトバイオレットライトは、青に混ぜるときれいだった。

もともと透明水彩で絵を描き始めたのに、途中でアクリル絵の具使ってまた透明水彩に戻ってみたら、重ね塗りできなかったり紙選ぶところとか水分量気をつけないといけないところとか、水彩の難しさを前より感じるようになってしまった。手軽に見えて、奥が深い、気がする。(前にも同じこと言ってる気もする。デジタルの便利さも体感したから余計にそうなのかも)